奈先研秋期学術講演会に参加

平成29年10月22日(日)、奈先研秋期学術講演会に参加してきました。

京都の山田國晶先生による

「根管処置の失敗症例への対応と失敗防止策」の講演でした。

歯科治療の中でも最もやっかいな治療である根管治療について、

難症例の紹介、そして最近の根管処置の器材について臨床的な立場でお話をいただきました。

DSC_3781

「認知症」の講演会

平成29年6月11日(日)、院長が理事を務めるNPO法人オーラルヘルスプロモーションクラブ奈良の
平成29年度総会および学術講演会が、奈良県社会福祉総合センター6階の大ホールにて開催されました。

講演会は2部構成で、
第1部が「今もう一度認知症を理解する」で講師として第一人者の秋津鴻池病院理事長の平井基陽先生でした。
第2部は「私たちができること」をテーマに座長に天理市立メディカルセンター長の松村雅彦先生、
シンポジストとして、介護施設理事長、ケアマネージャー、訪問看護師、施設長&歯科医師の4名でした。

参加者は、保健所の行政職の方、医師・歯科医師はじめ医科歯科関係者、介護関係職など
多職種100名を越して、今後増加する認知症に対する非常に素晴らしい講演会でした。

DSC_2548

摂食嚥下講習会

2017年3月16日(木)、桜井駅前のエルトまほろばセンターで
NPO法人オーラルヘルスプロモーションクラブ奈良による
摂食嚥下講習会に主催者の一人として出席しました。

講師は、前奈良県言語聴覚士会長・現日本言語聴覚士会代議員)の松下真一郎先生で、
今回で第3回になりますが、毎回聴衆しても勉強になります。
摂食嚥下というのは口腔の治療管理に携わる歯科医としては、
しっかりと習得すべき科学ですが、いざ指導となると難しいものです。
今回は特に現場の多くの事例をご教示いただき、大変得るものが多くありました。

会場のエルトまほろばセンターでは初めての利用でしたが、
予約した担当者として、スペース的には大変良かったと安堵しました。

_storage_emulated_0_SilentCameraSoft_1489657665559

在宅医療推進フォーラムに参加〜H29-2-5

平成29年2月5日(日)、午後1時より奈良県社会福祉総合センター大ホールにて
奈良県訪問看護ステーション協議会主催の第6回在宅医療推進フォーラム
「在宅医療を知っていますか?〜家で最後まで療養したい人に〜」に参加してきました。

第1部は、
「命を見つめて旅たちをどう迎えましょうか?自分らしい最後の選択肢とは?」のタイトルで、
和歌山県紀の川市坂口内科院長、坂口健太郎氏のお話でした。

第2部は、みんなでぶっちゃけトーク
「地域で最後を迎えるために、今からできることをみんなで考えよう!
各分野より下記の8名の演者より各5分のお話のあと
会場からの質問受ける形でトークがありました。
1.森本弘子氏(訪問看護認定看護師)
2.菊川 節子氏(介護支援専門員)
3.井勝 昭彦氏(奈良県健康福祉部地域包括推進室室長)
4.上野 和夫氏(薬剤師)
5.正田 晨夫氏(歯科医)
6.加藤 久和氏(在宅医)
7.森村 久恵氏(ご家族)
8.樋口 順一氏(生命保険会社)
・・・講演順

第1部の坂口先生は、自ら主宰されている健太郎一座という劇団の
「和歌山のおばあちゃんは仕舞い上手」のお話から始まり、
平穏死のための条件としては
1、本人の意思 わがままの人ほどよい
2、かかりつけ医、高齢医師がいい、訪問看護師とつながりを持っておく
看護師に週1回でも来てもらっておくのがいい。
3、お金をたんまり持っている人は平穏死はできない。
4、先生、看護師などが親戚にいると無茶苦茶になる。
先生とは、教師、弁護士、税理士なども指す。先生には自己保身の強い人が多い。

また、自分はガンで死ぬのがいい、だからガン健診は受けてない等とユニークな内容でした。

第2部は8名の演者より、在宅医療のいい面、在宅医療をサポートするための話があり、
歯科医として喜ばしかったのは「口から食べること」の素晴らしさを多くの演者より
述べていただけた点でした。

DSC_1016

 

H28年度 在宅歯科医療・口腔保健研修会に参加

平成29年1月26日(木)、かしはら万葉ホールで開催された
中和保健所主催の標題の研修会に参加してきました。

演題は「より早期からの包括的フレイル予防戦略
〜新概念『オーラルフレイル』から何を狙うのか〜」

講師は東京大学高齢社会総合研究機構教授の飯島勝矢先生です。
実は飯島先生には、私が所属している日本産業衛生学会が大阪で開催した
第88回学会の際、私が企画担当となったシンポジウムでも演者として
お世話になったのですが、その後も「オーラルフレイル」の発案者として
ご活躍され、今回の講演につながったようです。

昔から「病気は口から」ということがいわれますが、
まさにこのことを論理的にご教示いただく講演会となりました。

介護分野での歯科領域の重要さは、年々理解もされてきておりますが、
まだまだ一般の方はじめ医療関係者にも浸透しきれてない面が多々あり、
高齢社会にとって、口腔機能低下からはじまる全身へのフレイル(虚弱)、
そしてサルコペニアとつながる一連の悪循環を断ち切るために
「オーラルフレイル」は非常に重要であることを訴えていただきました。

局部床義歯(部分入れ歯)の講習会に参加

2016年10月16日(日)、朝10時から
奈良歯科先端技術研究会の講演会に参加してきました。

東京都の藤関雅嗣先生による「パーシャルデンチャーに強くなろう」
(パーシャルデンチャーの基礎からインプラントオーバーデンチャー、
そしてSMOPガイドサージェリーまで)のお話でした。

局部床義歯(部分入れ歯)は、
開業歯科医院において接しない日がないほど頻度の多い診療行為の一つです。
欠損(歯が抜けている)部位が同じでも、人それぞれによって設計も変わり、
また同じ人でも経年により設計も変わるなど様々な要素と形態で
その差が出るのが局部床義歯です。

1本の欠損から全てに欠損の総義歯まで対応出来ることで、
食事をする咀嚼には欠かせない歯科治療とも言えます。

現在の保険診療では、義歯は一旦作成すれば
6ヶ月は再製ができないなどの制約があり、
最初にしっかりと設計をして印象(歯型をとる)しなければなりません。
そして、患者さんへの十分な説明・指導のもと、
口の中で最適な装着ができる義歯の作成に努める必要があります。

あらためて局部床義歯の基礎から研修できる機会となった一日でした。

20161016_151406

 

在宅訪問管理栄養士の講演会に参加

2016年10月13日(木)、午後6時30分より
奈良県社会福祉総合センター6階の中会議室で開催された
「多職種連携による栄養ケアの実際」に参加しました。

これは院長が理事をしている
NPO法人オーラルヘルスプロモーションクラブ奈良が主催した講演会ですが、
在宅訪問でご活躍されている管理栄養士の時岡先生のお話でした。
まさに内容は”目から鱗”で、高齢者・有病者の在宅での栄養ケアの実態、
そして低栄養への具体的な対応を聞き、歯科医師としての力量不足を痛感しました。

img_3437

野迫川村へ代診に行く

2016年10月13日(木)、
野迫川村歯科診療所の管理者&院長が村の歯科保健活動と重なったため、
7月28日に続いて2ヶ月半ぶりに代診として訪れました。

橿原の当院を朝7時20分に出発して五條経由で9時5分に到着しました。
前回は同じ時間に発ち、8時50分頃に着いたのですが、
今回は葛城山、金剛山の脇の山麓線、五條の田園を経由したためか、
国道24号線よりは15分ほど多くかかってしまいました。

来院されたのはお一人で、
正午前に野迫川村国保診療所を出発して帰路に着きました。

往復3時間を要しますが、
へき地の歯科医療の一翼を担っている充実感を感じる日でした。

 

近畿北陸歯科医学大会に参加

平成28年10月9日(日)、大阪国際会議場(グランキューブ)で開催された
第68回近畿北陸歯科医学大会の講演会に参加してきました。

講師は、スェーデンイエテボリ大学トード・ベルグルンド教授で
テーマは「インプラント周囲炎ーその診断・罹患率・リスクファクター・治療ー」でした。

%e7%ac%ac68%e5%9b%9e%e8%bf%91%e5%8c%97%e5%ad%a6%e4%bc%9a %e3%83%86%e3%83%bc%e3%83%9eh28-10-9